☆晴遊雨読 時々 仕事☆

趣味を生活の中心に置いてる経営コンサルタントの雑記!!!一口馬主、マンガ、大阪食べ歩きを主に書いてます!

2020 中山金杯と京都金杯

今年から自分の中でルールを決めて、馬券予想をすることにしました。

手元資金を10万円からスタート!

さて、年末までにこの手元資金は何倍に増えるのか、それとも手元資金を割って

大赤字になってしまうのか・・・。

 

 (中山金杯)

 一口馬主でお世話になってる広尾サラブレッド所属のクレッシェンドラブから。

 有馬に出てても馬券買ってたかも。今はホントに充実期だと思う。

 ここでは勝ち負けだと思う。まぁこれを軸に3連単を。

 

 3-5.7-2.5.7.12.13.15(マルチ)に各100円

 計60点 6,000円

 

 (京都金杯)

 こっちは抜けた存在はいない気がする。

 軸にはサウンドキアラかなぁ。安定感が一番あるし。

 

 3-6.8.13.14.15.17(マルチ)に各100円

 計90点 9,000円

 

 年明け1発目の馬券は如何に!?

 

 (追記)

 両方ともハズレから始まった今年の競馬。

 クレッシェンドラブは全然だったね。あの位置からでは届かんよ。

 サウンドキアラはやっぱり京都はいいね。

 カテドラルがあんなに惨敗するとは思わなかったけど。

 とりあえず、-15,000円。

 85,000円から次はスタート。

 年末までというより、1月中におかわりしないように頑張って予想します。